コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

乳がん



昨日、数年前まで職場仲間だった友人からLINEで連絡がありました。
夏ごろ、乳がんが発覚したそうです。

ご主人の転勤で地方へ引っ越し、そこで家を買って、正社員としての就職もかなった矢先の病発覚・・・
抗がん剤治療を経て、今月手術をするとのことです。
毎年きちんと検査も受けていた彼女。
きっと発覚から数カ月、いろいろな思いを抱えてここまで来て、私に連絡をくれたのだなと思いました。

さらには、もう少し前の昨年の夏、大学時代に仲良くしていた友人からも突然の電話。
あまりにも久しぶりで驚きながら電話に出ると、彼女も乳がんになってしまった、とのこと。
既に手術も終わり、これから放射線治療、抗がん剤は今後相談との話でした。
入院中、いろいろと考える時間があり、私たちと過ごした楽しかった大学時代を思い出して連絡をくれたようでした。

立て続けに友人の乳がんが発覚。

そんな時、どんな言葉をかけていいのかわかりませんでした。
ただ淡々と話を聞き、楽しかった昔の話を一緒にして、体調が回復したら再会しようと約束する・・・そんなことをするしかできません。
下手な励ましや要らない言葉を言ってしまわないように・・・

かくいう私は2年前、会社で行った乳腺エコーで引っかかり、精密検査に行くように言われました。
6ミリの腫瘤があり、脂肪の塊の可能性もあるが、念のため大きな病院へとのことでした。
早速乳腺外科で有名な病院へ行き、マンモグラフィ、エコー、触診をしてもらい、とりあえず半年の様子見となりました。
半年後、大きな変化はなくまた半年後に様子見、さらにまた変化がなかったので1年ごとの検査になりました。
悪いものではないだろうとのことでしたが、定期的に健診に行くことになっています。

私の友人は2人とも毎年しっかりと検査を受けていたとのことで、ショックも相当なものだったようです。
今は12人に一人が乳がんになると言われているらしいですが、その一人にまさか自分が、という気持ちになるのは当たり前・・・

有名人でも北斗晶さんや小林麻央さん、生稲晃子さんも乳がんを公表されましたね。

会社にも経験されてすっかり良くなられた方もいらっしゃいます。
結構身近に経験された方がいるものです。
他人事ではありません。

検査を受けていてもなる、とはいえ、受けていないよりは発見が早いかもしれない。
逆にマンモグラフィを受け過ぎてもいけないと聞いたこともあります。

何が正解なのかなんてわかりませんが、健康について日々考え、気を付けるべきことがあれば気を付ける必要があることだけはわかります。
もちろん、乳がんだけに言えることではありませんが。

友人たちの回復を心から願います。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

育児・中学生 ブログランキングへ



こちらの記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください