コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

公立の結果



公立高校の合否結果がでました。
元々かなりチャレンジとなる受験をした二人ですが・・・

結果は、

イチコ 合格
ニコ  不合格

でした(;_;)

一番恐れていた結果となってしまいました。
ただ・・・言いたくはないですが、予想していた通りの結果とも言えます。

内申も当日点もイチコの方が良かったのですが、当日の奇跡を信じて受験したニコ。
偉かったと思います。
妥協して志望校を変えることや、いっそのこと私立専願にすること、秋ごろまでは少し考えていましたが、冬になってからは一切ぶれずに、行きたいところを目指して頑張っていました。
志願変更締切前にも何度も確認しましたが、本人はそれでいい!ダメなら第二志望は私立、と決めていたのでその気持ちを尊重しました。

発表の日、10時からのはずがなかなか電話がかかってきません。
中学校からは携帯は禁止されていましたので、公衆電話からの着信をずっと待ち続けていました。

同じ受験生を持つ友達からは続々と合格報告が入ってきます。

お休みして家で待っていようかと思いましたが、気を紛らわせたくて会社で仕事に没頭していました。
仕事が手につかないかと思いましたが、結構没頭できるものですね。

で、11:45頃、非表示の着信があり・・・

「ママ・・・落ちた。イチコは受かった。」
「そっか…それは残念だったね。でも○○高校(私立)もとってもいい学校だと思うから…」
「ねぇ、どうしよ・・プツッ!(突然切れる)」

公衆電話で10円で携帯にかけてきたからか、すぐに切れてしまい、それっきりかかってこなかったので動揺しました。
後で聞いたら後ろにすごく並んでてかけ直しづらかっただけだったみたいですが。

とりあえず二人が家に帰ってくるまでに家に帰ろうと思い、上司の許可をもらってすぐに帰りました。
学校に寄らなければならないので、なかなか帰ってこなかった二人。
一体なんて声をかけていいのか・・・こんな時自分だったらどうしてほしいかな・・・とかいろいろ考えました。

1時過ぎに二人で帰ってきたので、玄関先まで迎えに行きました。

ニコが泣きながら帰ってくるかもと思ったのですが、意外にも笑顔。

とりあえずイチコには
「おめでとう!」
と言い、ニコには・・・
何も言わずに肩をポンポンとしました。

すると
「ねぇ~落ちちゃったよ~」(笑顔ではありますが)
「うん、まあ残念だったよね。」

そんな感じで普段通りに会話。

とりあえず、せっかく受かったイチコの話は置いておいて、ニコのフォローをしようと、ニコと二人で行くことが決まった私立高校のパンフレットをみたり、制服のことを確認したりしました。

ニコはとてもスッキリとした顔をしていて、無理をしている様子もなく、むしろ晴れやかな感じでした。
入試から発表までの2週間は不安でイライライライラしていたので、それから解放され、ハッキリと結果が出て行くところが決まったことが逆に嬉しいようにも見えました。
自分で決めて挑戦したことだから結果をしっかりと受け止めることができたのかな。

そんな様子を見てひとまず安心。

ニコの前でイチコの合格と今後の手続きの話をするのは少しためらわれましたが、本人、本当に気にしている様子もなかったので、こちらも遠慮せずにすることにしました。

ニコが言うには、「落ちたことは最初はショックだったけど、今は全然いい。でも周りがすごく気を遣ってくれるのがツライ」と。

確かに、一階に住むおじいちゃんおばあちゃんはなんだかオロオロして腫物を触るような感じ。
イチコにおめでとうも言えず、とても気を遣っています。

学校でもそんな感じだったようです。

気を遣われる方もツラいけど、気を遣ってしまう周りの気持ちも分かります。
ですので、パパと私だけはなんとか自然体でうまく二人をフォローして行こうということで話をしました。

合格したイチコも少しかわいそうな思いをさせたかなと思います。
せっかく受かって喜びたくてもニコのことがあるからみんなから手放しで祝ってもらえない・・・
自分も喜びを爆発させられない・・・

そんな気持ちを察して、イチコには、ニコがいないところで
「よく頑張ったね」
と言いました。

そして、ニコが不合格を知った時の様子などを聞きました。

大丈夫そうです。
二人とも。

これから、初めて「双子」と見られない世界にそれぞれ飛び出していくのかと思うと、私も一緒にワクワクしてしまいます。
ケンカしながらも依存しあっていた頼りない二人。
同じ制服、同じジャージ、同じ教科書、共用しすぎてケンカすることももう無くなりますので、私はそれもちょっと嬉しかったりします。

応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

そして、まさかの入学式が重なるという緊急事態がおきているということもご報告させていただきます・・・
ダンナさんと手分けして行くことになりそうです。

あーー!どちらも行きたかった~~~~!!!

ちょっと続き→「公立の結果2

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

育児・中学生 ブログランキングへ



2 Comments

  1. Coo
    Coo 2017年3月1日

    イチコちゃん合格おめでとう ニコちゃんよく頑張りました(はなまる)
    kinakororinさんお疲れ様でした。
    タイトルにドキドキしちゃいました(笑)
    これから、それぞれの未来が待っていて、ワクワクしますね。
    大学はまた一緒の学校・学部なんて事になっちゃったりして~

    気持ちを切り替えてからのお二人の頑張りは、素晴らしかったですね
    羨ましく思いながら見てました。
    うちは、来週が試験と面接ですが、まだスマホ触ってます… 
    昨日も、激怒することがあり… 疲れます…
    昨年までのデータでは、ほぼ大丈夫かな?と思いますが(チャレンジ校ではないのでね)
    極度のあがり症なので(夏の部活の大会も緊張で体が動かず…)ちょっと心配です。
    去年、一昨年は長女の大学受験(なぜ2年かは・・・(爆))
    この子も反抗期が長く、苦労しました。
    高3でもまだ反抗し、全く親の言うことは全く聞かず…
    それもあり受験失敗で、さすがに反省した様ですが…
    今年受験母3年目です 早く解放されたいです

    入学式は、どちらが行くかどうやって決めるんですか?
    じゃんけん?くじ引き?(笑)

    • kinakororin
      kinakororin 2017年3月1日

      Cooさん
      こんにちは!
      コメントありがとうございます!
      そうですね、基本的に好みが似ている様なので、大学は一緒、なんてことになったりして!

      娘さん、来週なのですね。緊張せずにうまく乗り越えられられることを祈っています!
      それにしても3年連続でお子さんの受験なんて、Cooさん、大変でしたね。
      お察しします…
      その分、解放されたらご自身が楽しんでくださいね!!

      入学式は…まだちゃんと決めていませんが・・・
      二人ともどっちがどっちでもいい!と言ってくれていますが、私立の方は主人の母校なんです。
      ですので、母校で知っている先生を見つけたら「娘をよろしく」と言いたいらしく…(笑)
      古い話なので知っている先生なんているのかな~とか主人のこと覚えているかな~とか思いますがね、
      そんなわけで主人がニコ、私がイチコの高校に行くことになりそうです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください