コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

人間の心理とは

昨日、仕事帰りにのほほんとドラッグストアに行きました。
いつもはこの時期、インフルエンザ対策や、もう少ししたらピークに出てくる花粉症対策のために入口近くにマスクが山積みになっているコーナーがあります。

今、新型コロナウイルス・・・新型肺炎と言われている感染症が大きなニュースになっています。
そのためだと思いますが、マスクの山が、なくなってはいないけれど、かなり低くなっておりびっくりしました。

私も先週、ニュースが大きくなってきた時に、あー、マスク買っておいた方がいいなーと思ったので、2箱買いました。
ダンナさんがひどい花粉症なので、我が家では春ごろにはマスクを沢山常備していますが、花粉症はまだだし、まあ4人で2箱ぐらいあればいいかなと思ったのです。

ところが、こんなに減っているのを見るとついつい焦ってしまうのです。
家にあるのに、もっと買った方がいいのかなと思ってしまうのです。

ふと隣を見ると、カートの上下にかごを乗せて、そのかごの中にマスクを大量に積み込んでいる人がいました。
マスクだけしか入っていません。
もしかしたら家族に病気を持っている人がいて、感染を人一倍防がなければいけないのかもしれません。
ですが、それを見てまた焦ってしまうのです・・・

ニュースでは、マスクは予防というよりは拡大防止の意味合いの方が大きく、どちらかというと、予防するにはやはりこまめな手洗いやお茶を飲むことが有効と言っていました。
それを聞いていたにも関わらず人が買占め的な行動を取ると焦ってしまうのですね・・・
とりあえず家にあるので昨日はあせる気持ちを抑えて買いませんでしたが・・・

秋の大型台風の時もそうでしたが、水やカップラーメンがスーパーから消えていました。
皆、自分と自分の家族を守るために必死になるのは当然だと思いますけれど・・・

次に、トイレットペーパーがなかったので売り場に行くと、なぜかトイレットペーパーもあと数点しか残っておらずまたまたビックリ。
なぜ??
特売日だったのかな?
それならまだいいのですが・・・

もしかしていよいよ新型肺炎が蔓延した時に家から出なくていいように、買い置き、買占め?が始まっているのでしょうか・・・
とりあえず普通に日常用としてトイレットペーパーを買いましたけども・・・

春にアメリカ在住ののフィリピン人の友人が来日予定ですが、昨日その彼からメッセージが届きました。
「コロナウィルスについて知っているか?」と聞かれたので「日本でも大きなニュースになっている」と言いました。
「東京でも患者が出たのは本当か」という質問もされたので、日本全体では4人確認されているとニュースで見たこと、これから中国からの旅行者が増えるので、感染は拡大する可能性は否定できないだろうという話をしました。
彼は自分の旅行日までにウィルスが終息することを願うと言っていましたが、こればかりはどうなるか・・・
まあ、その頃に日本で蔓延してしまったら延期をした方がいいね、ただ、正しい情報を得てしっかりと事態を見守る必要があるね、お互いに予防に努めようということで話は終わりました。

数日前、ニュースを見ていたら、武漢から来日した中国の方がインタビューを受けていて、流ちょうな日本語で「武漢から旅行に来たけれど、実はそれだけではなく、家族を守りたかったから日本に来た、すみません、すみません。しばらくはホテルから出ないようにします、すみません。」と謝っていました。
正直、ウィルスが日本に大量に入ってきたら困るなーという気持ちがある一方で、彼らだって自分や家族を守りたいのは同じなのですよね。
日本に対して謝っている姿を見てつらい気持ちになりました。
日本人だって日本で同じことが起きたらどこかに脱出したくなるでしょうしね・・・

私も残り少ないマスクやトイレットペーパーを見てついつい焦ったりしてしまう人間の心理の怖さを感じました。
全員がそうなったらパニックが起こったりするのでしょうねぇ。

とりあえず皆が冷静に状況判断する必要はあると思いました。
もちろん、各国が正しい情報を出してくれることは前提ですけれども・・・

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

高校生ランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください