コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

もし興味があれば・・・

「コンテイジョン」という映画。
2011年の映画なのですが、コロナウィルスが発生して騒ぎになる前に、途中まで見ていました。
そのまま忘れていたのですが、この騒動で改めて始めから見直しました。

今の世の中を表しているような内容にドキドキします。
コウモリ由来のウィルスが世界に蔓延して、治療法がなかったり買い占めや暴動やパニックがあったり・・・

飛沫感染や接触感染していく様子がジワジワと伝わる映像。
自分も含め、まだ身近に感染者がいないことから、どこか他人事だと考えている人に見てほしいと思い、娘たちにも勧めました。
ダンナさんもこの映画を見て同じく今の世界と同じだなと言っていました。

最終的に映画の結末と実際の世界の結末が同じになるかどうかはわかりませんが。

俳優女優陣もかなり著名な方々が出演されているので、見やすいと思います。
ギャーギャー騒ぐ感じではなく、淡々と進んでいく映画ですので、リアリティがあります。

家から出られず、時間があったり、興味がある方はどうぞ・・・
映画という作り物ですし、すべてが同じではありませんが、現状とかなり通じるものがありましたので、改めて気を引き締められるように思います。

ちなみに
韓国の映画
「FLU 運命の36時間」も似たようなウィルス感染の映画です。

こちらは「鳥インフルエンザ」ということになっていますが、飛沫感染の様子がわかりやすく、恐怖心がわいてきます。
町が封鎖されるという点も今の世界と通じるところがあります。
余談ですが、主演の俳優さんが好きだなと思いました・・・

過剰に怖がることはないのかもしれませんが、しっかりと警戒して対策しておくことは大切だと思いますので、興味があればぜひ。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

高校生ランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください