コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

汚部屋はその後?

汚部屋に暮らしていたうちの女子たちですが、最近ではだいぶ綺麗になりました。

近頃私は部屋についてはなーんにも言っていません(笑)
ですので、自主的にきれいにするようになってきました。

かつてはペットボトルが中身がはいったまま転がっていた部屋も、そんなことはなくなりました。
たまにペットボトルは部屋にありますが、転がってはおらず、一応机に置かれていたり、洗ったりラベルをはがしたりは相変わらずしませんが、キッチンに運ぶようになりましたね。

散乱していた洋服たちは、最近ではようやく共用はしながらも自分の服は自分の部屋にしまうことにしたらしく、そうなると人のせいにできないわけで、きちんとハンガーにかけるようになってまいりました。

イチコは大学に入ってからだいぶマシにはなっていて、逆にニコの部屋が荒れ果てていましたが、最近はニコも片付けに目覚めたのか、クローゼットは相変わらずゴチャゴチャしていますが、かなりきれいになりました。

あんなに悩まされた汚部屋に干渉しなくなってからどれくらいでしょうか・・・

ゴミの分別はまだまだ適当だったりしますが、以前よりはなんとなく努力はしているような(笑)
私が各部屋から回収する時に分別しないといけない感じではありますが。

え?そんなの当たり前のことでは?と思われるかもしれませんが、我が家の娘たちとしてはかなりの進歩なのです・・・

洗面所の使い方は相変わらず汚いですが、贅沢は言いません。
ここまで変わったことで十分満足なのです・・・

片付けられない女性の特集をテレビなどでみかけますが、将来は我が子たちもあのような状態の部屋に住むのだろうな・・と思っていたのですが大丈夫そうな気がしてきました。
中学高校時代、勉強や部活や友人関係、反抗期での親との険悪な関係などが重なっていゴチャゴチャになった心理状態と同様に部屋も荒れていたのでしょうかね。

娘たちが小さなころは個室が少ない1階で暮らしており、広めのリビングが娘たちの遊び場やおもちゃ置き場にもなっていましたので、ものすごいゴチャゴチャ感でした。
小学生になるころにはその広めのリビングの一角に勉強机を2つ、さらに実家から運んだピアノもあり、これまたすごいゴチャゴチャ感。

中学から個室の多い2階に引越し、自室を持った娘たちのものは各部屋に持って行かせたのでリビングはきれいになったものの、娘たちの各部屋はそれはそれはひどく・・・

最近になってようやくまともな家に住めるようになってきました(笑)

お恥ずかしい話です・・・(〃▽〃)

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

日記・雑談ランキング

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください