コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

いよいよ



さて、いよいよ受験料振込みや出願が近づいてきました。

ここまで来たら親にできることはなるべく普段通りの生活をさせ、健康管理の手伝いと、振込等の手続き作業のみ・・・
あとはモチベーションが下がらないようにいかに支えていくか。

昨日、イチコが
「どうしよう・・・時間が足りない・・・」
とつぶやいていました。
二人とも、学校からそのまま塾に行って勉強しようかなと言い出しました。
あんなに塾で勉強するのはいやだと言っていたのにようやく集中できるようになってきたのかな。

さかのぼれば、どんなに学校や塾や私たち親からいろいろ発破をかけられてもなかなか受験生であることを自覚しなかった二人。
受験生がどれほど勉強しなくてはいけないかを考えていなかった二人。
直前になってようやく気付いた様子。

終わってから気づいたわけじゃないだけよしとしましょう・・・
思うことは沢山ありますが。

結局自分で気が付かないとなかなか気持ちも行動も動かないのだなと思いました。
自分で気づいてほしくていろいろと口出しをしていましたが、なかなか難しいものです。
逆効果だったのかなと思うこともあります。

娘たちを信じて大きな心で包んであげられていなかった自分にも反省すべき点が沢山あります。
やたらめったらに勉強をさせようとしていたこと。
何かにつけ、ギャーギャーうるさく言い過ぎていたこと。

逆にポジティブに考えれば、そうしてきたからお互い今、気付けたのかも・・・なんて(笑)
そうしなければ未だに気付かずのんきにスマホやテレビや雑誌に気を取られていたかもしれないし、私もギャーギャー言い続けていたかも・・なんて(笑)
ちゃっかりした考えですが。

過去のことは今更どうしようもありません。
結果はもう自分のものです。
良くても悪くても自分で受け止めるしかないですね。
まだあと残り一カ月、最後の最後の正念場ですが、少しでも悔いのないように全力でやってほしいです。
私も全力で応援していきます。

こうはいってもまた口出ししたり、反抗したりの繰り返しかもしれませんが、とにかく今はそんな気持ちです。

↓ポチットしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村

育児・中学生 ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください