コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

やっぱりレベルが違いすぎた(笑)

時々集まっていたイチコとニコの小学校時代のママ友たち。
かなり偏差値レベルの高いお子さんを持つ方々ですがなぜかいつも誘ってくれます・・・

先日、こんなご時世ですがIちゃんのママからお誘いがあってIちゃん宅にお邪魔してきました。

それぞれの進路は、Iちゃんは私大のトップレベルの大学にAO入試で文系学部に合格。
Tくんは国立大学の理系最高峰と言われる大学に合格。もちろん早慶も合格していたそうです。
おなじみMちゃんも国立大学合格

え?なんで呼ばれた?
いつも感じてしまう劣等感(笑)

イチコとニコの大学に私は本当に満足しているし、よくやった!と思っているはずなのにこの中に入ると、みんなすごいなぁ・・・という気持ちが出てしまいます。
ま、勉強した時間や中身に比べたらイチコとニコのコスパ?はよかったかもしれません。
レベルは全然違いますけれども。
イチコとニコには彼女たちなりの人生があり、楽しみがある!今後に期待!笑

ちょっと思ったことですが。

IちゃんもTくんも小学校低学年時代から塾塾塾の塾漬けの生活でした。
中学からは離れたので詳しくはわかりませんが、塾にはずっとほぼ毎日通っていたしIちゃんは部活もやめて勉強していたそう。
そう思うと、今回の大学合格は当然の努力の結果なのだなと思ったり。

ただ、私は、自分の娘たちが塾には向いていないことは気づいていたし、むしろ塾漬けの生活にはさせたくなかった。

私の母親としての希望は、小学校時代は子供らしく毎日遊び狂ってほしかったし、実際そうさせていました(笑)
中学校時代は部活など頑張って、小学校が小規模だったので新しい友達をたくさん作って楽しんでほしかった!
高校時代は・・・特にこうしてほしいという希望はなかったですが、勉強に部活に頑張ってほしかった!

実際、そういう生活を送れたと思います(勉強面は別!)
反抗期云々は別として、本人たちはそれなりに楽しく色々な経験も重ねて失敗も成功も繰り返してきたと思います。
だから実は結構満足しています。

で、何が言いたいかというと、Mちゃん。

Mちゃんはうちの二人と同様に小学校時代は毎日遊び狂い、中学時代は部活に燃え、高校時代も部活に燃え、勉強も一生懸命頑張り、見事希望の難関大学への進学も決めた・・・
Mちゃんどれだけ最高なんだ!と思いました(笑)

まあ、もちろん本人の努力の賜物ですから、持って生まれた頭脳だけの問題でもなく、親の教育の素晴らしさもあったのだと思いますけど!

これから大学に入学して、それぞれ勉強したいことを専門的に学ぶことになるのだなと思うと人生って本当に色々なのだなと思いました。
イチコとニコが勉強する内容も全く違いますし、Iちゃん、Mちゃん、Tくんもそれぞれまったく違う分野。
今後の人生がますます楽しみだなーと思った夜でした。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ



こちらの記事もオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください