コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

大好きな友人と

先日、大学時代の友人が実家に帰省しているということで、会いに来てくれました。
彼女は今名古屋に住んでいて、数年前にお邪魔して子育ての悩みを打ち明け合った友人です。

その友人も女の子二人のお母さんで、上の子はAO入試で何校も合格して、晴れて関西の有名大学に入学し、一人暮らしをしています。
下の子は中学三年生ですが、かなり優秀な中高一貫校に行っているみたいなので、高校受験の心配はないようです。

上のお子さんについては、彼女も相当悩んでいました。
個性の強い子で、私が話を聞いている分には、とてもいいじゃない!と思うことばかりなのですが、母親としての彼女の悩みは結構あったらしく、反抗期も壮絶だったらしいです。
確かに、ある時突然、
「ツイッターのアカウントある?○○(上の子)がこっそりやってるみたいなんだけど、ブロックされちゃって、何してるかわからないからkinakororinのアカウントから見てほしい」と切羽詰った様子で連絡してきたこともありました。
相当悩みも多かったようです。

何でも話せる信頼できる友人なので、少し前に、イチコのADHDのことを打ち明けました。
すると、実はうちも・・・と上のお子さんを連れて受診したことあるそうで、その子は、ギリギリ違うと言われてしまった、むしろ診断されたかった、と正直な気持ちを話してくれました。
でも、話を聞いている限りは、やはり心配になる気持ちはわかるのです。
イチコとはタイプは全然違う子なのですが、似ているところもすごく沢山あります。

お互いに「わかるわかる」とか「えー!!同じ!」など、本当に共感できることが多くて。

11時に待ち合わせをして、夜の10時まで、お店を3軒変えて、ずーっと語り合い続けました。

似たような悩みを抱えていた友人。
けれど、娘さんが一人暮らしを始めて離れてみてお互いにとても良い関係になっている様子です。
お互いに、今だから話せるけど、あの時こうだったんだよーという話ができたりしているそうです。
娘さんから、「もう時効だと思うから言うけど、朝家を出て、ママがパート行ってから戻ってた」とか、「学校行かずに地下鉄に乗ってグルグルしていた」とか告白されたそうです。

友人もそれを聞いて驚きつつも、わかってあげられてなかったなーと反省や後悔をしたそうです。

いつか私とイチコもそうなれるのでしょうか。
でも、大学から一人暮らしをするようなこともないでしょうから、そこまでの関係にはなれないかもしれませんね。
離れてみてわかるお互いの大切さのようなものがあるのでしょうから。

イチコの一人暮らし・・・世に言う「汚部屋の住人」となり、今よりも足の踏み場のない虫が湧いた部屋になりそうで到底考えられないのですけど。
いつかはこの家から出て自立したり結婚するのでしょうから、どうなってしまうのか・・でも今はそんな先のことまで心配している余裕はない私なのでした。

目の前の関係でいっぱいいっぱいです・・・

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村

高校生ランキング





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください