コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

プチ家出の話



プチ家出と言っても、娘の話ではありません。

ワタクシの話でございます。

娘たちとバトルした時、あまりに激しいとワナワナしてしまいます・・・
ムカムカしてしまいます・・・

そんな時、まず自分が落ち着くために、最初のころは自宅から1分も離れていない
駐車場の車の中に行っていました。
そこでダンナさんに愚痴LINEを送って聞いてもらい、気持ちを落ち着かせていました。

反抗期が激しくなるに連れて、そこに留まっていてもイライラがおさまらない時には、
車を飛ばしてドライブをしていました。

あ、ちなみに、ダンナさんの両親と二世帯同居なので、一応1階にはおじいちゃんと
おばあちゃんはいるわけです。早寝なのでそういう時は大抵寝ていますが。

海が近いので夜の海岸沿いをドライブしているとだんだんと気持ちが落ち着いてきます。
大体1時間ほどで戻っていました。

そしてまたエスカレートしてきて、家に居ると何を言ってしまうか、自分でもわからなく
なってしまいそうだったので、プチ家出時間もだんだん長くなり・・・

とうとうダンナさんに「帰らないから!!」と宣言しました。それでもさすがに子供の
夕飯無しと言うのは母としてどうかという葛藤もあり、コンビニでお弁当を買って一度
家に戻り、それを置いてまた家を出ました。

でも、夜も更けるといる場所がなくなってくるんですよね。眠くなるとドライブも危ない
し。ビジネスホテルに泊まることも考えましたがお金がもったいないし。

で、結局自宅近くのマンガ喫茶のような24時間営業のお店に入ったわけです。

そこで朝まで過ごし早朝戻りました。まあ大体それができるのは金曜日の夜か土曜日の
夜ですけどね。

そんなことして何になるのか。と問われると・・・

自分の気持ちの問題なのです。義父母が家に居てくれる、ダンナさんが遅くても
仕事から帰ってくるという環境のおかげでもありますが、少し娘たちと距離を置く時間が
必要になるんです。

戻ると「ごめんなさい」という言葉があったりなかったり。
私もなるべく普通に接するようにします。

そんなことを数回(夜通しは一回でしたが)繰り返し・・・

そのうち、あ、レイトショーに行こう!とちょっとポジティブな家出に変わりました。
映画を観ている間は忘れていられるし、ドライブで疲れないし、映画楽しいし。

で、またそのうち、親友に話をしたら「なんだー!うちにおいでよ~」と誘ってもらい、
本当に行ったこともあります。ダンナさんがほぼ単身赴任状態でお子さんもいない友達
なので、遠慮なくお邪魔して夜通し思い出話で楽しく過ごしました。

おちゃらけ話で盛り上がりながらも、子供がいない第三者ならではの意見を聞いて自分も
また反省したり。娘からの長LINEが来たり。

そのLINEには

「自分でも自分がコントロールできないことがある。自分が言ってることが違うってわかっ
てることもある。ママを苦しめてごめんなさい。」

と書いてありました。

もう号泣でした。

こっちこそ、うまく対処してあげられなくてごめんね。ゆったりと見守ってあげられなくて
ごめんね。そういう時期だってわかっているのにイライラしてしまってごめんね。

やはり少し離れる時間て必要だったんだなって思いました。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください